Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
演歌のお話し
0
    JUGEMテーマ:音楽

    今日は演歌のお話を。

    このブログを読んで下さる方で、演歌に興味のある人が

    果たしてどの位いるのかな?


    演歌の竹山荘一先生にご指導頂いてから、演歌の印象が180°変わったし、

    演歌の練習をしたら、気付くと洋楽も歌いやすくなったり、

    やっぱり歌って繋がってるなーって思う訳なんです。

    なので、

    「なーんだ、演歌なら関係ない。」って思う、あなた!

    もしかしたら、何かヒントが隠れてるかも知れませんよ。嬉しい


    それに、演歌の歌唱法について書いてるブログってあんまり見当たらないし、

    いっちょ書いてしまおうと思います。



    さてさて、まず初めに、演歌って種類が有るの、知ってます?

    「正調演歌」と「民謡系演歌」

    です。

    分かり易く言うと、

    「正調演歌」は、表現重視。

    「民謡系演歌」は、ゴージャス重視。


    「民謡系演歌」は、声を張って、パワフルにドラマティックにコブシもガンガン回します。

    パワーボイスで圧倒される感じです。


    対して、「正調演歌」は、歌の世界観を表現する歌です。

    なので、悲しければ悲しい声、嬉しければ嬉しい声、切なければ切ない声で歌います。



    それぞれの歌手を挙げると分かり易いですよね。

    「民謡系演歌」は、天童よしみさん、石川さゆりさん

    必ずしも民謡の発声に基づいてるとは限りませんが、パワーボーカルに圧倒されて感動。

    「正調演歌」は、五木ひろしさん、八代亜紀さん

    酒場で燗酒と肴を頂きながら思い出に浸ってる情景を思い浮かんで、それが心に沁みて感動。


    そう言う違いが有るのが分かって頂けたでしょうか。

    勿論、ミックスの歌手の方もいますけどね。



    で、私が習ったのは、「正調演歌」の方なのです。

    そう。

    表現重視

    ↑↑

    これって、演歌以外の邦楽や洋楽を歌う時にも役に立ちそうだと思いません?

    そんな訳で、続きは次のブログで。

    See you!

    【Benicia Vocal Studioホームページ】
    http://benicia.ciao.jp
    ※メルマガ登録はこちらから

    【レッスン予約】
    http://supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    (ガラケー版↓)
    http://m.supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    -*-*-*-*-*-
    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | 歌のスタイル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/123
    トラックバック