Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
合唱コンクール
0
    岡山で高校教師をしている友達が居ます。
    彼女は、指導する時に、生徒さんの自主性を優先させる様にしています。
    本人曰く、生徒さんに「教えて"あげる"」と言うスタンスを止めて、
    先生は、生徒が自分達で考えだす為のヒントを出し、そして生徒が言う事を受け止めて、これからどうしたら良いと思うか質問するだけ。
    すると、生徒は自分で考え出し、自分から動く様になって、先生は手間が減るのだそうです。
    毎日生徒が自分達で感動を作ってくれて、それを一番近い特等席で見せて貰ってる、有り難い仕事だと話してくれました。

    彼女自身魅力的な女性だけど、先生としてもスゴイ人だなーと思ってました。


    そんな彼女から、1ヶ月前に依頼メールが。
    学校の合唱コンクールで、自分のクラスの歌の指導をして欲しいと。

    中学生の頃コーラス部だったけど、今やってるボイストレーニング法は、生徒さん一人一人のタイプに合わせて、レッスンをカスタマイズする方法。
    合唱の指導はそのまま出来ません。
    それに、岡山まで直接指導しに行くには、時間もお金も厳しい。
    知り合いに聞くとSkypeだと、環境によると音の聞こえ方がかなり厳しいらしい。

    そんな訳で、合唱を録音した音源をメールで送って貰って、
    アドバイスをメールで返信すると言う方法にしました。
    それは、何よりも友達の指導法を尊重して、
    一番の目的を「生徒さんが自分達の力で協力して一つの作品を作る」と言う事に置きました。
    単に上手い合唱を完成させるのではなく、今後の人生でプラスになる事を何か得る事が出来たらと、ちょっと大それた考えが有りました。
    私は学校って、そう言う人生の練習する場所になったら良いと思ってるので。
    そんな訳で、私はヒントを出し、生徒さん達に考えて貰う事になりました。

    1つ目の彼女からのメールを受け取りました。
    録音音源を聞くと、曲はスピッツの「楓」。
    肝心の歌声は、合唱部の経験者が居ない感じ。
    メゾソプラノの人は、地声押しまくり、ソプラノの人はコーラス声だけど弱くてサビでは主旋律が掻き消えてました。
    そして、男声パートに至っては、音程がズレまくり。
    とにかく一生懸命声を出そうとしてるのは分かりましたが、
    これはてこずりそうだなーって言うのが正直初めの感想でした。

    岡山に飛んで行って、一人一人直接指導したい衝動を抑えつつ(←初心が揺らぐの早過ぎ!)、
    メールと音源のやり取りを4回程しました。
    メールには、出来るだけ分かる様に、今起こっている事、それを解消する為に必要な事等を書いていきました。
    とにかく全体のバランスが一番大切な事。
    音程を一緒にしないとハモらない事。
    後は声の出し方とか。

    出来るだけ初心者向けに書いたつもりだけど、
    ほとんど合唱の経験者が居ないグループに、メールの文章だけで何処まで分かって貰えるのかな〜?と思いながら。


    音源が届く度に、少しずつ良くなって行ってました。
    音源に、私のメールをちゃんと理解しようとして、皆で考えて試行錯誤しているのが聞こえました。

    そして、合唱コンクールの2日前、友達からメールが。
    「先週の金曜まで綺麗だったのに、こんな状態になってしまいました。どうしよう??」
    ちょっと切羽詰ったメールでした。

    深夜だったけど、コンクールまで時間が無いので、眠い目をこすりながら、
    改善方法を書いて送りました。
    って言っても、その時点で、前に比べたら大分進歩してたんですよね。

    そして、次の日のコンクール前日。
    また友達からメールが来ました。
    「遅い時間なのに、丁寧なコメント有難う。生徒達が、この人俺達が寝てる間に書いてくれたんだな。感動した。頑張らないとって言ってます。」
    その文を見て、私こそ感動してしまいました。
    いや、私の方は、ただ単に夜更かししてるだけで、そんな素晴らしい事してる訳じゃないんだけどね(笑)。
    そして、そのメールに添付されてた音源を聞いて、ビックリ。
    それまで全然直らなかったメゾソプラノの人の声がバランスもよくなって、
    ソプラノも主旋律の所でちゃんと声が出てました。
    男子も音程に気を付けて丁寧に歌ってるのが良く分かりました。
    何より、全員で各パートのバランスをコントロールして、全体のバランスがバッチリ

    私が中学の時のコーラス部では、先生に指示して貰ってやってた事を、
    自分達でやってくれてるんですよ。
    ホントにアメージングな生徒さん達です!

    そして、昨日合唱コンクールが有ったそうです。
    結果は2位
    1位を取れなかった事は残念だけど、直接指導無しに数回の文章だけのメールを読んで
    コレだけの物を作り上げられるなんて、生徒さん達の可能性って素晴らしいなーと思いました。

    人に何かを教える者として、全てを手取り足取り教える事が必ずしも良い指導法じゃないんだって事が分かって、良い経験をさせて頂きました。

    感動を有難う
    これから「楓」を聞いたら、この感動を思い出すわ〜。
    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | ボイトレ | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/13
    トラックバック