Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
演歌のこぶしpart-2
0
    前回、演歌のこぶしについて書きました。

    前回は、「こぶし」をカタカナ表記にしたけど、
    なんかひらがなの方がしっくり来るので、
    今日はひらがなで書きます。

    さて、歌う事を目的としているのに

    「歌わない」

    とはどう言う事だと思いますか?

    今日はそのお話です。



    そもそも正調演歌での「こぶし」って何でしょう?

    「こぶし」って何の為に入れるんでしょう?



    「こぶし」とは、

    「飾り」、「修飾」

    です。

    「こぶし」そのものに言葉としての意味は有りません。


    「言葉と言葉の間の飾り」

    です。


    言葉よりも「こぶし」を強調して歌うと、

    本来、伝えたい言葉よりも「飾り」の方が目立ってしまって、

    言葉が伝わりにくくなります。


    ※ここで言う歌は、正調演歌の話で、民謡系演歌では有りません。
    こぶしのテクニックを素晴らしく聴かせる歌も有ります。念のため。



    じゃあ、「言葉」より「こぶし」を弱くするにはどうするか。


    そこで、

    「歌わない」

    が出てくる訳です。


    正しくは、

    「歌わない感覚で歌う」

    です。

    「どっちやねん!」ってツッコミがありそうですが。(笑)


    「歌わない感覚」で歌うと、

    喉や体の不要な力みが取れて、

    音を取りやすくなる利点も有ります。


    あくまでも、「こぶし」とは、

    1つの音から音への経過音。

    音から音へ滑らかに移行する事が大切です。

    その為にも、不要な力みが無いと、

    音の移動もスムーズになりますよね。



    しかし、

    「歌=しっかり声を出す事」

    と言うイメージが有る人には、

    びっくりポンな事なんです。


    かく言う私も、

    実際に竹山先生からご指導頂いた時、

    「全然歌って無いんですけど、これで良いのかしら?」

    と思いました。

    でも、後で録音を聴いてみたら、

    歌って無い感覚の方が自然に聞こえるんですよね。



    ほんと、歌って不思議。


    自分の感覚と出てる音が、

    結構違うものなんですよね。




    という事で、

    「歌わずに歌う」

    一度チャレンジしてみて下さい。

    See you!



    【Benicia Vocal Studioホームページ】
    http://benicia.ciao.jp
    ※メルマガ登録はこちらから

    【レッスン予約】
    http://supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    (ガラケー版↓)
    http://m.supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    -*-*-*-*-*-
    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/134
    トラックバック