Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【歌唱分析】プロローグ
0
    いきなりですが、質問です。


    「歌の表現力を上げるにはどうしたら良いでしょう?」



    ボイストレーニングを習う最終目標は、
    「歌が上手くなりたい」
    「人の心に伝わる歌を歌いたい」
    だと思うんです。

    それなら、歌の表現に特化した話もブログに書いていこうと思います。

    冒頭の質問は、ボーカリストが悩み、試行錯誤するポイントですが、
    その答えを見つけるキッカケになれば良いなと思います。


    実際に売れた歌の分析をする事によって、表現する方法の要領を掴んで貰えたらなぁと思います。

    売れた曲、長く人の心に残る曲って、
    曲の良さや歌手の魅力のキャラクター
    も有りますが、
    実際の歌の中でも、細部まで聞いてみると色々細かい事をしてるんです。

    私は色んなジャンルの歌を歌ってますが、どんな曲を歌う時でも元の歌手の歌唱分析をしています。

    それは、竹山荘一先生に演歌を習った事と、去年初めまで参加してた奏子先生の「カナウタプロジェクト」に参加した事で、
    より深く意識するようになりました。

    そして、歌唱分析を何度もしてると、
    「表現する」と言う事が見えて来ると思います。

    そうすると、オリジナルの曲で、参考にする元の歌が無い曲でも、表現方法が分かってくるのです。

    「自分の個性を出すなら、まず完コピしなさい」と言われるのは、こう言うことなんですよね。


    そんな訳で、私なりの分析を解説するシリーズを始めてみたいなと思います。


    そんな訳で、記念すべき一曲目は、
    小柳ルミ子の「お久しぶりね」。

    ズルッ!
    って音が聞こえた気がする。(笑)

    あははー。("⌒∇⌒")
    懐かしの昭和歌謡です。
    先日、音楽仲間が集まった昭和歌謡セッションで歌った曲で、その時分析したもんで。

    特に、昭和の曲は、しっかり時間もお金も掛けて、様々なエキスパートが作り上げてるので、参考になる事が多いです。

    ジャンル違うし、自分の歌には関係ない〜って思う人も居ると思いますが、
    「歌は、どんなジャンルでも繋がってる」って事を思い出して、お付き合い頂けたらなと思います。

    次回をお楽しみに〜。

    See you!

    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | 歌のスタイル | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/174
    トラックバック