Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
裏声と地声
0
    今日は、裏声と地声の話。


    地声は、低い声でチェストボイスとも言われます。

    胸板に手を当てて、声を出した時に手に振動を感じる声です。

    一方、裏声はヘッドボイスと言って、
    高い声でヒューヒューと人を冷やかしたりする時の声。

    この時は、胸に手を当てても振動を感じません。

    あ、因みに裏声をファルセットと言う人もいます。

    私が勉強してるスピーチレベルシンギングでは、

    ファルセットは、息漏れのある裏声を意味するので、

    ちょっと意味が違ってきますね。


    低い音域は地声で、

    高い音域は裏声で歌うのが基本です。


    地声と裏声の切り替え部分を

    「ブリッジ(橋)」

    と言い、

    低い音から高い音に移動する時は、

    地声の要素を減らして、

    裏声の要素をバランスよく増やしていく事で、

    地声と裏声が繋がります。



    例えば、裏声の音域を地声のままで歌ったら、

    音が上がりきらず、音程が下がり、

    やがて限界が来ます。

    反対に、地声の音域を裏声で歌ったら、

    弱い歌声になり、

    低い音が自分の出せる低い音の限界の

    もっと手前で音が出なくなってしまいます。

    コレは、クラシック系の方に多いようです。


    それはさて置き、

    地声の音域は地声で、

    裏声の音域は裏声で、

    その間の「橋の上」を通る時はその両方をバランスよく混ぜる事が出来ると、

    音域が格段に広がった様に聞こえる訳です。



    ボイトレしようと思う人は、

    高い声を出せる様になる事を目標としてる人が多いですね。

    私も勿論そう思ってボイトレを始めました。

    高い音をパワフルに出せると気持ちいいし、

    そんな人を見ると

    「凄いなー」って思います。


    でも、格好いい高音を出せる人って、

    地声もいい感じで出せるんですよね。

    「橋」を越えた所でも、減りながらも地声要素は有りますからね〜。



    そして、演歌を習ってから特に思う事は、

    「地声は、その人自身を表してる」

    って事です。


    裏声がその人を表してない訳じゃないですが、

    地声の方がよりその人の「素」が見えたり、

    温かみを感じたり、

    その人の人となりが聞こえる気がします。


    大概の曲の始まりは地声の音域です。

    曲の導入部分で、ストーリーを語りだす重要な部分。

    そこで使う地声って、とても大切だと思います。


    そして、このご時世。

    沢山の曲を無料で聞ける時代。

    その中で曲を聴いて貰えるとしたら、

    やはり歌い出しの部分。

    そこが気に入らなければ、

    他の曲に行ってしまう人も多いでしょう。

    だからこそ、裏声だけじゃなく、

    地声も頑張ってしっかり出していきましょうー!

    って言うお話でした。

    では!


    【Benicia Vocal Studioホームページ】
    http://benicia.ciao.jp
    ※メルマガ登録はこちらから

    【レッスン予約】
    http://supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    (ガラケー版↓)
    http://m.supersaas.jp/schedule/benicia/lesson
    -*-*-*-*-*-
    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | ボイトレ | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/86
    トラックバック