Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
息と声帯閉鎖
0
    今日は、発声のメカニズムのお話。


    どうやって私達が声を出してるかを書きますね。


    先ずは、肺から空気が出ます。

    肺から出た空気は気管を通って喉頭へ。

    喉頭って知ってますか?

    男性なら喉仏の所です。

    喉頭に「声帯」と言う2つのヒダが有ります。

    息を止める時、

    「ふんっ!」と踏ん張る時、

    息が漏れない様に2つの声帯が閉まります。

    声を出す時は、

    その声帯の閉める力を緩くします。

    すると、送られて来た空気によって、

    高速で2枚のヒダがついたり離れたりします。

    音とは、空気の振動なので、

    そのヒダのついたり離れたりで空気が振動して声の元が出来ます。

    その出来た声の元は、

    声帯の上の空洞部分で共鳴します。

    その空洞部分とは、

    気管の上部、

    口の中、

    鼻の中、

    喉仏の奥、

    です。


    アコースティックギターを例にすると、

    弦だけをかき鳴らしても、

    大きい音にはなりませんよね。

    その弦が作った音を、

    ギターボディ(本体)の空洞で音を増幅させて音が大きくなります。

    それと道理は同じです。



    効率の良い発声は、

    息の量と声帯を閉める力のバランスが合っている事。

    そして、出来た声の元が上手く上の空洞で反響する事

    が大切なんです。


    歌を習いたい人は、

    声量を上げたいと言う人が多いですね。


    上の共鳴する空洞を上手く使わずに、

    喉の声帯だけで大きな声にしようとすると、

    息の量を増やして、

    声帯をより大きく振動させなければなりません。

    そうすると、それに対抗出来る位の強い力で声帯を閉めないといけません。

    強い息と強い声帯を閉める力。

    声帯が激しくぶつかり合い、

    喉を痛める原因の1つになります。


    適度な息の量にそれに見合う声帯を閉める力、

    それと上手く空洞の確保が出来れば、

    無理の無い声を効率的に出す事が出来ます。

    ざっくりですが、人を横から見た図です。
    声帯のある方が気管、背中側に有るのが食道です。
    posted by: 上松夕嘉里・Judy♪ | ボイトレ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://judy.benicia.ciao.jp/trackback/90
    トラックバック